株式会社オプトホールディング コーポレートデザイン部 様

クライアント
株式会社オプトホールディング コーポレートデザイン部
http://www.opt.ne.jp/holding/
導入日
2015年8月〜
企業ビジョンをフォトアートで表現
オプトホールディングとオプトでは、「アクション」「イノベーション」「クリエイティビティ」「多様性」「グローバル」といったコンセプトワードをグループ社員へ伝える一つの手段として、MessageWallをトライアル致しました。
シャープで広大なイメージの作品は、お客さまからも話題にしていただくことが多く、記憶に残るアクセントウォールになっていると実感しております。
導入写真について
フォトグラファー名
生駒 謙治
写真タイトル
地平線、ビルと朝陽、空と人々
導入商品仕様
Mサイズ フォトアクリル
写真説明
1秒という時間の経過は、日常生活で目にする光景によって実感する。
日は昇り、そして沈み一日を終え、その繰り返しで私達は一生を終える。
毎日が同じ事の繰り返し、そう感じる事もあるが、しかし1秒たりとも同じ事はなく時間は経過している。
カメラは肉眼で見た光景を写真として形に残すことができるが、出会ってきた光景は一期一会、二度と同じ光景を見る事はできない。
今撮らないと二度と撮れない、それはどんな人の人生にも共通することではないでしょうか。

<地平線> 普段利用する飛行機。地上から眺める空は広大であり、空から見下ろす地上もまた広大である。
<ビルと朝陽>  偶然にも目にしてカメラに写真に納めた一枚ではあるが、これと同じ景色は二度と目にする事がなかった。
<空と人々> 日常生活で色々な発見はある。しかし、この日の空がどんな感じだったか誰一人として覚えていないだろう。
  • お問い合わせ
  • Message Wall について問い合わせる